ウォーターサーバー商品比較なび

ウォーターサーバー人気ランキング2014年No1!コスモウォーター

コスモウォーター

業界初、選べる天然水!健康で安全な天然水を採水地から【宅配無料】でお届け!お届けする水は富士山麓の自社設備から汲み上げた、天然亜鉛・有機ゲルマニウム含有天然水、話題のバナジウム含有天然水、ミネラルを豊富に含み飲みやすくまろやかな味の京都の天然水、合計4種類からお選びいただけます。ウォーターサーバー【レンタル料永久無料】さらに今新規お申込いただいた方はボトル2本をプレゼント!

詳細はこちらから!

ウォーターサーバー人気ランキング2014年No2!Frecious(フレシャス)

ウォーターサーバー

富士山の標高1000mで採水したバナジウム入りの天然水(ナチュラルミネラルウォーター)をお求め安い価格で販売。ウォーターサーバーは、今なら無料でレンタル。飲むほどにお安くなるお得な料金プランも魅力です。

詳細はこちらから!

ウォーターサーバー人気ランキング2014年No3!アクアクララ

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを選ぶならアクアクララ。独自製法のRO膜ろ過水にミネラルをバランスよく配合したおいしい水を日本全国へ宅配 いたします!今なら新規お申込の方限定に、ボトル1本分の料金(1,260円/12L)で、ボトル3本(3,780円分)をお飲みいただけます!

詳細はこちらから!

●ウォーターサーバー選びの基準

ウォーターサーバーの会社ってたくさんあって何を基準に選んだらよいかわからないという方も多いと思います。 そんな方は、まずは以下の2点をチェックしてみるといいと思います。

まず1つ目は、扱っている水の種類、そして、ウォーターサーバー本体とボトルの違いです。 まず、ウォーターサーバー会社によって、扱っている水の種類がいろいろあります。

例えば、天然水と一口に言っても汲み上げている場所が違っていれば、含まれている水質や成分も違っていたりするのでよくチェックして、欲しい水の種類を確認して調べましょう。

次に、ウォーターサーバー本体とボトルを比較しましょう。 ボトルは、使い終わったボトルは自分で処分しなければならない「ワンウェイタイプ」と、回収までボトルを保管しなければならない「リサイクルボトル」を採用している会社の2種類があります。

それから、気をつけなくてはいけないのは、ボトルの容量によっては、非常に重たいので、ボトルを取り替える際に負担になることもあるでしょうから、特に女性の方は、ボトルの容量をチェックしてみましょう。

ウォーターサーバー本体については、機能的には殆ど各社同じですが、デザインに違いがあったり、メンテナンス方法や費用に違いがあったり、特殊な衛生システムを取り入れているものなど、さまざまありますので、こちらもよくチェックして比較してみるといいと思います。

●ペットボトルの水とどっちがお得?

ウォーターサーバーの水を購入するのとペットボトルの水を購入するのでは、どちらがお得なのか比べてみると、ウォーターサーバーの水の方がずっと安いという結果のようです。

ウォーターサーバーの会社では、ペットボトルとの価格比較を行っているところもありますので見てみると、大抵500ミリリットルあたりいくらになるかが記載されていますから、お目当ての水の価格を比較してみるとよいでしょう。

ウォーターサーバー会社のほとんどの水は、500ミリリットルあたり50~80円程度という価格設定になっています。 これにウォーターサーバーのレンタル料やメンテナンス料が掛かる会社もあります。

レンタル料なども無料になっている会社であれば、実質上記の水の料金のみということになりますから、ペットボトルの水を購入するより価格的にはずっとお得ということになります。

値段的にもペットボトルより安くて、買い物に行く手間がなく、冷水・お湯が手軽に利用できる、ウォーターサーバーの利便性を考えるとやはり、ウォーターサーバーのほうがオススメです。

ウォーターサーバー 関連ワード
ウォーターサーバー今週の1位はウォーターサーバー商品比較なび株式会社日本トリム ウォーターサーバーウォーターサーバー日本のお水徹底比較ウォーターサーバー 美肌マガジンウォーターサーバー 美肌マガジン ランキングウォーターサーバー 美肌マガジン 口コミウォーターサーバー 最新活用術まとめウォーターサーバー総合人気ココだウォーターサーバー 分析情報

ウォーターサーバーはどのくらいの電気代がかかるの?

ずっと電源をつないだままのウォーターサーバー。電気代にコストがかかるからとウォーターサーバーの導入をためらっている方もいらっしゃることでしょう。気になる電気代は各メーカーによっても違うのですが、平均すると大体1000円前後のようです。

1000円の電気代でいつでも手軽に冷水や温水が飲めるというのは、とても魅力的かもしれません。

夏場であれば、冷蔵庫で飲み物を冷やし、扉を開けて飲み物を出し、また冷蔵庫にしまうということを繰り返すと思うのですが、この扉の開け閉めは結構電気代がかかります。しかし、ウォーターサーバーでは、扉を開くこともないので電気代はほぼ一定です。

もちろん、温水や冷水の使う頻度が違えば、電気代も変わってはくるのですが、お湯を沸かすガスもしくは電気代など、トータル的に考えるとそんなにコストは高くないのかもしれません。

また、冷水ばかりしか使わないという方は若干電気代も安くなるようです。やはり、温水の方が温めるのに電気代がかかるのでしょうね。その他にも、冷水の設定温度を高めにしたり、温水の温度を低めに設定するなどすることで、電気代を抑えられるようです。

電気代を抑えたいからといって、コンセントを抜くのだけは絶対にしないでください。コンセントを抜いてしまうと、水自体の品質が落ちてしまう可能性が高くなります。電気代だけを考えるではなく、安全面の問題からもコンセントは常につないでおきましょう。

メーカーによっては、電気代が変化します。電気代をわずか数百円に抑えることのできるウォーターサーバーもあります。電気料金の抑えられるウォーターサーバーを選ぶと、利用時のコストを最小限に抑えることができ、お得に利用できます。

ウォーターサーバーの音ってどれくらい?

ウォーターサーバーを契約しようと思ったとき、やはりいろいろ気になることは多いはずです。その中でも騒音といった問題も、気になる点の一つではないでしょうか?

ウォーターサーバーは一日中電源が入っており、やはり音がうるさくては問題となってしまいます。

気になる方が多いのも、当然です。実際のウォーターサーバーの音は一般的に、私たちが使用している冷蔵庫のモーターの音より小さく、近くで聞いてもほとんど音は気になりません。

全くの無音ではありませんが、ウォーターサーバーの品質は年々向上しており、モーターの音に関しても改善され続けています。皆さんご家庭に、必ず冷蔵庫はおいてあると思いますので、それよりもはるかに小さい音と思ってくれれば間違いないでしょう。

ですが、一時的に音の大きくなることはあります。設置直後、モーターの音が大きく感じることがあります。

水の温度を安定させる必要があるため、数時間は若干ですが音が大きくなることがあります。一時的に気になる方もいるでしょうが、すぐにおさまり小さな音になりますので、心配はいりません。

しかし、数時間たっても音がうるさいと感じる場合には、大抵は設置する場所に問題のあるケースが多いようです。フローリングの上に直接設置したり、または家具など物と触れ合ってしまう場所に設置してしまうと、音がうるさいと感じることがあります。

こういったケースでは、設置前にクッションとなるものをひいて防音する、または物と離して設置することが必要となります。

また、リターナブル型のサーバーの場合、水の容器の中に空気が入るため、ポコポコという音が気になるという方もいます。こういった空気の入る音は消すことはできません。

わずかな音も避けたいという方は、ワンウェイ型のウォーターサーバーを使用すれば音の問題を解消できます。水を使用するとともに、容器が圧縮されますので音はなく静かです。ウォーターサーバーのタイプにも注意をしてみるといいでしょう。

ウォーターサーバーの苦情について

水購入の際に運ぶ手間も必要なく、便利に利用できるウォーターサーバーですが、苦情が起きているのも事実です。ウォーターサーバー業者を良く調べることなく、契約すると苦情が発生する確率が非常に高いといいます。実際にどのようなことが問題となっているのか、見ていきましょう。

ウォーターサーバーは、レバーを操作するだけで、すぐお湯を注ぐことができます。このバーには、小さな子供のいる家庭でもお湯を安全に使うことができるよう、チャイルドロック機能が取り付けられています。ですが、このチャイルドロック機能が壊れ、火傷といった事故を起こすケースが案外多いのです。

また、水に関する苦情もたくさんあります。例えば、未開封のはずの水に浮遊物が見られたり、交換時に水漏れが起こる、その他にも水を飲んでいて、匂いが気になる、変な味がする等こういった事例も多いといいます。

その他にも、業者の対応が原因の苦情も多く、コールセンターに繋がらない、水の配達がされないなど、使用している側にとっては重要な問題ばかりです。せっかく契約して便利に使えると思っても、これでは意味がありません。

もちろん、すべてのウォーターサーバー業者がこういったトラブルを頻繁に起こしているわけではありません。全く苦情問題が起きていない業者もあります。良い業者と契約することが大切です。

契約後、いろいろ問題の起こらないよう、良い業者と契約するには、やはり事前に良く調べておくことが大切です。できることなら、多くの方が使用しているウォーターサーバー会社の中から選択するといいでしょう。安心して利用できる、評判の良いウォーターサーバー会社と契約するようにしましょう。